メラトニンと体内時計

睡眠ホルモンであるメラトニンと体内時計の関係を考えてみましょう。夜になるとメラトニンの分泌によって、スムーズな良い睡眠が訪れると言われています。

 

体内時計とメラトニン

わたしたちの体は体内時計によって、覚せいと睡眠を上手にチェンジさせています。眠りを引き起こすためには、睡眠ホルモンと言われているメラトニンの働きがあります。朝になって朝日に当たることで体内時計は朝に切り変わり、メラトニンの分泌がストップされて体と脳は活動状態に変化していきます。そしてメラトニンは14〜16時間たつと、体内時計の信号によってまた分泌が始まるというリズムがあるのです。

 

メラトニンの働き

メラトニンの働きは上に記したとおり、体内時計の刺激に促されてリズムよく分泌と停止を繰り返します。メラトニンは夜わたしたちが寝ている間分泌し続けて、抗酸化作用による細胞の再生、修復、分裂などの促進をサポートをします。
それによって疲れが回復したり、病気の予防、老化予防などにも深くかかわっているのです。そのため質の良い睡眠のためにはメラトニンが分泌されることが重要であり、健康や美しさのためにも大切なホルモンと言えます。

 

メラトニンと明るさ

メラトニンは朝日によって分泌が抑制されます。しかし朝日と同じ波長のブルーライトなどを夜見てしまうことで、寝る前に朝日を見てしまうことと同じ状態になりメラトニンが抑制されてしまうのです。ブルーライトが使われているLED電灯やパソコン画面、携帯画面などがありますが、特にパソコンや携帯画面は極力見ないようにしましょう。不眠を感じている人は睡眠と覚せいのリズムが乱れてしまうため、特に注意しなければなりません。

 

加齢とメラトニン

メラトニンは加齢とともに分泌量が減ると言われています。そのため高齢になると睡眠時間が短くなるというのは、加齢によるメラトニンの減少が原因なのです。年齢が高くなって夜中何回も目が覚めてしまったり、朝早く起きるようになってしまうのも、加齢のためメラトニン分泌が減少し、体内時計のコントロールができなくなったためと言われています。

 

メラトニン分泌と生活習慣

メラトニン分泌が正常に行われなくなる原因には、生活習慣に問題がある場合もあるので、不眠を感じたときには生活習慣も見直すようにしましょう。まず睡眠時間がバラバラだったり、睡眠前の暴飲暴食、仕事などのシフトによって昼夜逆転した場合、運動不足、夜更かしなども、体内時計のコントロールが利かなくなってしまう大きな原因となります。